万博ツーリングに向けてのカスタムもいよいよ大詰めです。今日はウインカーを交換しました。あ、もちろん今回も深夜作業でっせ!明るくなったら駐車場が吸殻だらけでした(^^;)。

joint.jpg

HURRICANEのブレットウインカー、如何でしょう?よりチョッパーらしく、悪そうなスタイルになったかと(メ^^)凸(cf.交換前の画像)。付けてから判ったのですが、ノーマルに比べて随分点滅が早いです。「チッカンチッカン」⇒「チカッチカッチカッ」。昼間はちょっと見えづらいような…w。[⇒Web!keで購入


さて、随分前からナップス(国内最大手のバイク用品チェーン,南海部品)にリアタイヤの交換をお願いしてあったのですが、夏休み故PIT作業が物凄く混んでるんですorz。初回はタイヤを取り置きしてもらい、以降二度行ったのですが、ほとんど受け付けてもらえない状態…。ツーリングまでいい加減時間が無いので、今日は開店と同時に行ってきました。するとなんと、こちらはかなりハンドルの高さがあるのでお受けできませんと。え~~っ!!「俺これで4回も来たんだよ!?作業できない車両があるんだったら始めに確認しとくべきだったんじゃないの!?」と怒っておきましたよ。ハンドルが高いと倒れる可能性があるってことらしいので、ポストを緩めて寝かせての作業等を提案しましたが、ナップスの規則外ということで受け入れてもらえず…。ったく、こういうのがチェーン店の駄目なところですよね、諦めました。タイヤ代の返金を提案されましたが、もう換えると決めたら絶対に換えたいので、あとで四輪で取りにくることにし、その足で中古バイクの整備工場へ。事情を説明したら、もちろん受けてくれましたよ。「ナップスそんなこと言うんですかぁ!?」って。車両を置いて、汗だくになりながら歩いて帰宅。車でナップスに戻り、タイヤを積んで再び整備工場へ。今日中に仕上げてくれるとのことです。ふぅ~。え?まぁ良かったじゃんって?ぃゃぃゃ(‐‐;)。実はタイヤって、商品としては基本的にボッタクリ価格なんです。だからこそ交換工賃をサービス感覚で設定できるのであって、要するに作業する店での購入が原則基本なわけ。よって持込みでの交換は結構な無駄金を使うことになるのです。今回購入したタイヤは4,700円。ナップスで交換の場合、工賃は1,500円。で、整備工場(良心的)での持ち込み工賃…7,500円orz(安全性…priceless)。もちろん交換できないことが分かっていたら、その整備工場などで早めに取り寄せて交換してもらっていたわけです。ゔぅ…それでもナップスが大好きですw。
スポンサーサイト



2005.08.23 | バイク | トラックバック(0) | コメント(3) |