上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

1ヶ月以上もかかって、忘れた頃に届きました。送料のほうが高いCDがドイツから!

 ↓真ん中の再生ボタンをポチッとどうぞ。
 

どうです?好き嫌いはともかく、結構なインパクトではないでしょうか?。ハスキーでセクシーかつキュートでウィスパリーなボイス、妖艶な微笑み、吉田拓郎をも超えかねない字余りな歌詞w。え?これドイツ語?ドイツ語ってもっとコワいイメージが…(ありません?)。

名前はAnnett Louisan(アネット・ルイザン)。アネッテ?アンネット?アンネッテ?どれが一番近い発音なのか分かりません。ハンブルグ出身、現在27歳のお姉ちゃん。ちなみに身長152センチは私のベスト萌え値ですw。

何でしょうこの不思議な感じ…。動画の曲は、「どういう曲?」って聞かれれば“ワルツ調のシャンソン”ですよね。しかしフランス語でもない21世紀の曲をシャンソンと言って良いものだろうか、そもそもシャンソンはジャンルじゃないし…。他のトラックも、ラグタイムだったりブルースだったりタンゴだったりボサだったりと、とにかくレトロ的、懐古的な曲調が多いのが特徴です。ただやっぱり、聞き慣れないドイツ語ってのが斬新に聞こえさせるんですよね。
うん、いい。凄くいい。

アルバムの試聴はコチラ(official)。M5、11、13、14あたりがお勧めです☆。目を付けるのが早いなぁ…HMVで取り扱い始めたようです。頑張ってドイツ語の辞書引いて買ったからちょっと悔しいょ。ユーロ高だけど2枚以上買うなら値段的にAmazon.deかな(1€≒150円)。

Annett Louisan オフィシャルサイト
ドイツのmusik charts



【PC奇跡の復活(☉д☉;)! 】 ⇒ コメントありがとう(^^)♪。レスしてあります。

スポンサーサイト

2006.08.30 | 音楽 | トラックバック(1) | コメント(8) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。