上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

前々から密かに構想していたバカスタム、LED(発光ダイオード)の装着が実現しました。

配線・配色・取り付け位置等の構想4時間!実作業4時間!(午後9時開始‐午前5時終了)。今までのカスタムの中で一番時間を要した作業となりました。

LED-4.jpg

①熱で約50%縮まる「収縮チューブ」というものを使い、配線済みLED一本一本を覆います(作業開始の儀式ではない)。これは見た目の統一と、防水効果が狙いです。

②それを更に一回り太いチューブで束ねます。フレームに這わせる為、できるだけ束ねて見た目のゴチャゴチャを無くし、昼間でも目立たなくさせます。

③とても便利な電源分岐用のパーツを見つけました(赤いやつ)。お陰でギボシ端子や半田付けが不要!多少強引な接続をしましたが、綺麗にまとまりました。

④シート下の配線スペースへ接続です。ウチのJAZZにはライトのON/OFFスイッチがあるので、テールランプのコードから電源を拝借。赤いやつにプライヤーでカチっと挟み込むだけです。

で、じゃーん(^^)!
JAZZ-LED.jpg

うひょー!頭悪そーっ!★。スイングアーム(後輪横)から、紫・青・緑の3色を地面に向けて放射してみました。写真には写っていませんが、タンク下にも赤を2球仕込んであり、エンジンスペースを渋い感じに照らしてます。この超高輝度LEDは直視厳禁なほど明るく、実際はもっと綺麗です。いやぁ、深夜ツーリングがますます楽しくなりますゎ(^^)。 [配線済み超高輝度LED販売ページ]
スポンサーサイト

2005.08.18 | バイク | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://noctiluca9.blog28.fc2.com/tb.php/42-7ef0ef9e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。